忍者ブログ

休止中です
04 2018/05 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 06
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/16 もこもこ]
[03/16 もこもこ]
[03/16 もこもこ]
[03/13 まつ]
[03/12 マッキー]
[03/12 こなまいき?]
[03/12 もこもこ]
[02/23 月雫]
[02/13 もこもこ]
[02/13 もこもこ]

05.23.19:33

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/23/19:33

06.19.16:43

いきなりピンチ!

fc81b3e0jpeg

























朝、起きるといきなり3匹のエビちゃんが!!

なんと、☆になっちゃいました

初めての水合わせ失敗?それとも水?

昨日、不慮の事故?で2匹(たぶん)いなくなったからいきなり5匹です

お願い☆とまって~~
PR

無題

うまく行ってない様子ですね。

ミナミやヤマトは強いので、同じ水質でもビーは弱いですよ。

過去記事から拝見しました。
問題点1)
ソイルを古い水槽から移したこと。
解釈)
老廃物が混じったソイルでは、硝酸塩などの発生があり、ベテラン飼育者でもソイルをまきあげることは避けます。

問題点2)
グリーンFゴールドを使用した飼育水
解釈)
ビーには薬品は厳禁です。新規外国産水草は検疫の農薬が残留いています。このため、魚は平気でもビーなど甲殻類は暴れ苦しんで死にます。新規水草の導入は慎重に行いましょう。

問題点3)
水あわせ。
解釈)
おそらくこの方法では水槽内で泳ぎ回る程度で、死因にはならないと思います。ベストは泳ぎ回らないような水あわせがいいです。投入直後の死亡はおそらく、魚病薬が原因の可能性が高いです。

追加のビーは2-3週間、見合わせ、大幅な水換え、もしくは薬の濃度はわかりませんが、リセットによる新規立ち上げをするひつようがあるかもしれません。生き残りのビーは薬の残留濃度にもよりますが、やばいです。魚病薬は水槽内のバクテリアも死滅させてしまいます。立ち上げ3ヶ月以上の水槽なら回復もありですが、まもない水槽はバクテリアが死滅した可能性もあります。残留濃度があればさらに回復が遅れます。

上記参考にしていただき、ご自身で納得いくまで調べて、納得の処方を行ってみてください。
 失敗も、1,2年たてば、笑い話です。ふぁいとー

  • 2008年06月19日木
  • へーじ
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら